Snow Man、運動神経の良いメンバーと悪いメンバーを発表

NO IMAGE


Snow Manが10月10日放送の『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)に出演。運動神経の良いメンバーと悪いメンバーを発表した。

この日の放送では、放送日が1964年に開催された東京オリンピックの開会式が行われた日であることから、メンバー全員に『運動神経が良いメンバーと悪いメンバー』のアンケートをとった結果が発表された。

運動神経の良いメンバー第2位には宮舘涼太が選ばれた。その理由として佐久間大介は「結構ライブとか舞台の演目でも、難しいこととか動きを任せられることが本当に多いんですね。ジャニーズの先輩とかからも信頼がすごくある」と説明。宮舘は「ありがとうございます。僕自身負けず嫌いで、できないという言葉は言いたくないので、何事にもチャレンジして、最終的には出来るようにして終わる、ということを心がけて今やってますね」と語った。

第1位には岩本照が輝いた。ラウールは、岩本の振り付けのセンスがすごいといい「ファーストシングルのカップリング曲を振り付けたんですけど、いろんな方が話題にあげてくださって。YouTubeでこの振り付けはやばい!みたいなことをやってる方とかが『これは誰が振り付けたのか調べたら、メンバーの方でした。信じられない!』みたいな。プロが認めるような振り付けを考えられる」と大絶賛した。振り付けについて岩本は、踊りながらは考えられないと話し、頭の中でメンバーが踊っているところや、観客が観ているところを想像し、その曲の世界観や景色を思い浮かべて振り付けると語った。

一方、運動神経の悪い第1位には満場一致で佐久間が選ばれた。名前を呼ばれた瞬間に佐久間は「おーい!」と声を上げたが、自身も自分に入れたと告白。向井康二は「佐久間さんはアクロバットとかすごいし、高さのあるアクロバットもできるんですけど、球技が本当にできないんですよ」と暴露し、サッカーで蹴ってもボールに当たらないくらいだと明かした。

佐久間は「たまたまダンスとアクロバットができただけで、逆上がりも生まれてから1回もできたことないんですよ」とコメント。目黒蓮は、コンサートで佐久間が外周を走っている姿を見たとき、「めちゃめちゃだせえな」と思ったと明かした。

そこで、佐久間は実際にサッカーボールでリフティングをすることに。メンバーが見守る中チャレンジしたが、佐久間のリフティングは失敗に終わり、軽部真一アナから「ふざけてる?」とツッコまれる始末。佐久間は「ふざけてないです!ガチ!ガチ!」と答え、スタジオの笑いを誘った。

記事提供元:Snow Man、運動神経の良いメンバーと悪いメンバーを発表 | ググットニュース

Source: Jnews1



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。