筒香嘉智「野球界衰退を招く日本のアマチュア野球6つの弊害」

筒香嘉智「野球界衰退を招く日本のアマチュア野球6つの弊害」

転載元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1515939836/

96add6acf3cdf69bc120e746cffdbd1e_m
1: 風吹けば名無し 2018/01/14(日) 23:23:56.80 ID:hhRUjGtk0
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20180114-00080450/

【勝利至上主義】
指導者が勝利に固執する余り、子供たちが楽しそうに野球をやっていない。

【大人の顔色を見てプレーしている】
本来ならもっといいプレーをしたい、ファインプレーをしたい、もっと遠くに飛ばしてやろうという気持ちでプレーしないといけないのに、指導者や保護者に怒られないようにどうしようかということばかり考えている。

【指導者や保護者が答えを与えすぎる】
子供たちが指示待ちの行動しかできず、自分で考えようとしない。

【練習量の多さとプレースタイル】
どうしても勝つことを目的に練習量が増えていってしまう。
それは故障のリスクを確実に増やす。
自分自身も未来のある子供たちが潰れていく姿を目撃してきた。
また試合では勝つために投手に変化球を投げさせ、作戦面でも細かい野球をしてしまう。
結果としてスケールの大きい選手が育ってこない。

【トーナメント方式の弊害】
ジュニア期から高校まで基本的に公式戦はトーナメント制で実施されているが、一発勝負であるため出場できる選手は限られてくるし、選手が平等にいろんな経験を積むことができない。

【金属バットの弊害】
日本で使用されている金属バットは飛びすぎる。
ドミニカでは早い時期から木製バットを使用するし、大学まで金属バットを使用する米国では木製バット並みに反発係数を抑えている。
飛びすぎる金属バットは子供たちのためになっていない。
自分自身も木製バットに適応するのにそれ相応の時間を要した。

続きを読む

Source: なんじぇいスタジアム

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。